ごはん通信

な~んとなく撮っていた晩ごはん画像の整理ついでに始めたBlog 「元気ですよ通信」でもある・・・2007年我が家にやってきたドリとの生活も♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の黒斑山  (山+α)

2/24(日)
"山+α"の仲間4人と浅間山の外輪山のひとつ【黒斑山】に登った


※地図上のルートと写真番号はおおよそ (時間もおおよそ)
  往路=緑ルート    復路=紫ルート
Feb24_map.jpg


6:15
Zさんの4WD車に相乗りさせて貰うため
隣市の駐車場で待合せ Tさんと一緒に乗り込む

7:00
上信越道で妙義山の間を走っている頃 空からチラホラ白いものが
碓氷軽井沢ICを通る頃には あっと言う間に路面が白くなってきた
天候急変で 電光掲示版にはまだ何も表示されていないけれど
完全に 『チェーン規制』 レベルでしょ~
路肩でチェーンを着けだす車もあったり ノーマルタイヤ車も 怖そう(><)

それからずっと雪が降っていたので
車坂峠へと続くチェリーパークラインは真っ白
Feb24_1.jpg
それでも車は快走♪ 予定通り8:00に車坂峠に到着
同時刻に雨飾さん&Tちゃんと合流
数台先を走っていたなんて息が合う(^^)


9:00から登り始める予定だったけれど
高峰高原ホテルのロビーで ホットミルクを飲みながら様子を見ることに
Feb24_2.jpg



9:40
 【登山口】  出発~!
Feb24_3.jpg
ふかふかの雪をスノーシューで踏むと 『キュッ キュッ』と心地よい音をたてる

往路は 眺めの良い "表コース" の予定だったけれど
風を避ける&トレースもしっかりあったので
途中の分岐から 樹林帯の "中コース" に変更した


10:45
 休憩
Feb24_4.jpg
途中 雲の切れ間から陽が射し 雪面に木々の影ができたり
とっても印象的な風景だったのに 何故か写真を撮っていなかった(><)
唯一あった写真は 休憩中に撮ったコレだけ


11:30
 表コースとの合流地点でもある稜線にでた
Feb24_7.jpg
もうひと登りの 【トーミの頭】 から単独の人がこちらに向かって下りてくる



12:10
 【黒斑山山頂】
Feb24_5.jpg
樹にかかっていた気温計は マイナス20度

雲とガスとで眺望はほとんどなかったから スジスジの浅間山も見えない(><)
『Tちゃん、今日は残念だったね
 初めての黒斑山や とってもユニークな山容を眺めて欲しかったのに~』
と思わず発した私の言葉に 返答したのは...  雨飾さん!

「何を言ってるのぉ 浅間山が見えるまでココにいるんだよ~」
『えっ!? あっ! そっ; そ~なんですか (@@;』 (この稜線で待機せよと ???)

・・・ そっか~

じゃあ まずはお昼ごはんを食べてあったかいコーヒーでも飲んで と思っていたら
おもむろにスコップを取り出した 雨飾さんが雪のテーブルを作り始めた!
『わ~ すごい!』

みんなで 盛って押し固めて作った "テーブル&腰掛スペース"
Feb24_8.jpg

ところが ここはマイナス20度の世界

お湯を沸かそうにも 寒冷地用燃料すら凍ってシャリシャリ
  (ポットにお湯を入れておいて よかった~)
パンの袋もセロファンみたいにシャカシャカ
ランチパック(商品名)の具材(ツナマヨ)はシャリシャリ
ジャケットのポケットに入れていたiphoneは白く凍って反応無し
  (インナーのポケットに入れておいたら復活した ふ~
ガサゴソと薄手の手袋で作業していたら 指の先がジンジン痛い
  (今回新調した "ロブスター君 " をはめると復活 あったか~い)
じっとしたいたら 足の先もジンジン痛くなってきた
  (来シーズンは厳冬期用シューズ欲し~い;
   私の靴はコバがなくて軽アイゼンしかつけられないし…)

雪を舞い上げた横風が 背中に当たって寒~い

そんな状況でも カメラ組はササッとごはんを食べて稜線に戻っちゃった

・・・ 

ん~ 楽しいハズの雪上ランチをすべく 環境を整えなくては
どんどん 身体が冷えてくるし
「やるなら 今でしょ!」 ってことで
Tさんのツェルト・Tちゃんのスコップ技・私の根性!? でワイワイガヤガヤ

人海戦術が功を成して
"ベンチと風避けのついた雪洞風 楽しい我が家" の出来上がり♪
3人でベンチに座り ツェルトを木の枝にくくりつけ覆うように被ったら 快適!
『これで もしもの時にも慌てないかもね~』


作業中 何だかわからないけど 笑いっぱなしだった
寒さでおかしくなっちゃった!?
いやいや 知らず知らずのうちに過酷を楽しんでいた
子供の頃 何もない砂場に "王国" を築いたように... 


==============
ふと思い出したのは 父とのこと
子供の頃 夏草がボーボー生い茂る土地に行く父に 兄妹でついていった
いざ 父の作業が始まると
『草刈り機は危ないから 離れた所で遊んでいなさい』と言われ

炎天下でふらふらになると 横倒しの大きなコンクリート菅の中で涼んだり
骨組だけの鉄骨の廃墟を家に見立てて遊んだり...
父は作業に没頭すると 子供達そっちのけだったから
自分達で楽しみを作るしかなかったし それも楽しかった
蚊や虫に刺されながら 兄妹ではしゃいで遊んだ

数十年経って 雪山であの時の感覚を思い出すとは!

脱線ついでに書くと
黒斑山は 父と歩いた想い出の山のひとつ
あの日は快晴だったな~
==============


感慨深くなっていたら 書くエネルギーを使い果たしてしまった;
おまけに 長~いBlogになってしまったので
え~ ここから先はとばします!

ほどなくして 雲の切れ間から薄っすら青空と ぼんやりした浅間山を眺めて
14:40 はい 下山開始!
16:30 ふ~ 温泉
19:30 は~ 横川SAで夕食
Feb24_6.jpg
Zさんおすすめの "豚汁定食" (500円)
  なみなみよそられた豚汁は お肉やわらか野菜たっぷり
  玉子は 生玉子と温泉玉子を選べる
  ご飯は 大盛り
  お漬物も 美味しかった
 
はい おしまい


★ 私の写真では伝えきれない この日の魅力は
  雨飾さんのサイト【安曇野通信】 の 黒斑山を是非ご覧ください!



★ 参加の皆さんへ お世話さまでしたm(^^)m  第2弾も是非♪ 


おまけ!? はこちら  ↓ ↓ ↓ 


十数年前に初めて 黒斑山から浅間山一帯を眺めた時のイメージ
kurofu.jpg
何度か登るうちに
このイメージはかなりヘンテコだな~と思っていた
今回 遊びで作った雪洞が 思いもよらない事に。。。


下手な絵なので 想像力レベルを上げて見て下さい m(^^;)m

雪面に 深さ1m弱 広さ1畳くらいの穴が見えてきましたか
穴の中に こんもりとした雪のテーブルが見えてきますね
テーブルの上にはケトルがのっていますね

はい! 見えてきた方は マウスを絵の上にどうぞ!


はい、もうわかりましたね!
なんと 浅間山周辺の様子を造型していたではありませんか!

なんと "楽しい我が家" は大自然そのものだったのです
早速 Tちゃんに説明したことは言うまでもありません(えっへん)
 (私の意味不明!?な説明を Tちゃんはうなずきながら聞いてくれたのでした)

えっ!? まだ わからない?
ん~ わからない人は 現地で確かめてみましょ~
スポンサーサイト

| 山歩き(カタツムリーズ,他) | 22:48 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

待ってました!^^

Bunさんらしいね^^

ずいぶん寒い思いをさせてしまった様で・・・m(_ _)m
私があの言葉を発したのは絶対晴れると思ってたんだけど
思いっきり読みが外れました(笑)
まあこんなこともあら~なって事で・・・許して(^^;)
今度同じ様な事があったら本当の雪洞作っちゃいましょう!きっと暖かいはず。

お椀の絵が懐かしいなあ・・・

HP宣伝ありがとうね~

| 雨飾 | 2013/03/08 23:16 | URL | ≫ EDIT

お椀キター(笑)

お椀、強烈過ぎ(笑)
って、地学用語であるカルデラの語源は確かお釜とかお椀だったと思いますが。
ここのとこ最高気温は20℃。
2週間前の-20℃の経験が嘘みたい。
って言っては失礼ですよね。
リアルな耐寒訓練だったのはツェルト組のお三方だから (^_^;)
おぉー ぷち雪洞はカルデラ(お椀)がモチーフだったのですね。
浅間山(釜山)バーナーは強力だろうな。
ケトルのお湯も直ぐに湧きそう。
黒斑山からの眺め、私は(頭の湯気は別として)プリンを連想してしまいます ^ ^

第2弾?
雪が溶けたらお椀の中を歩いてみませんか。

| ゼロゼロマシン | 2013/03/09 10:56 | URL |

雨飾さんへ

お世話になりました m(^^)m
私も晴れる予感がしてました(^^;
時々陽が射すとほんわりあたたかさを感じ 太陽のあいがたさを再認識できたり
家庭用冷凍庫(入れませんが;)では体感できない極寒体験や
冬山らしい山行でよかったと思います
寒いおもい=楽しい想い出になりました♪
次回はかっこい雪洞作りたいです
その前に春〜秋にリベンジしたいです(^^)/ 

雨飾さんの素敵な写真を紹介できて&自分では撮れない瞬間を残せて嬉しいです♪

| Bun | 2013/03/09 20:24 | URL | ≫ EDIT

ゼロゼロマシンさんへ

お椀、出しました〜!(笑)
こんなに 詳細で学術的な理解をしていた頂いて嬉しいです
Tちゃんがこの解説を読んだら 納得してももらえるなあ〜
朝から晩まで お世話になりました m(^^)m
耐寒訓練もさることながら
トーミの頭周辺で大自然の怖さや緊張を感じたりもして
いい経験になりました
第2弾! 勿論行きたいです!

| Bun | 2013/03/09 20:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。