ごはん通信

な~んとなく撮っていた晩ごはん画像の整理ついでに始めたBlog 「元気ですよ通信」でもある・・・2007年我が家にやってきたドリとの生活も♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一足お先に紅葉狩り♪① 立山(1泊2日) (山+α)

今年3回目の参加となる「山+α」の山行
今回は総勢5名の小グループ
初めての立山にワクワクしながら出発

集合場所の室堂(標高2,450m)までは
大町市扇沢駅の駐車場に車をおいてから
トローリーバス ケーブルカー ロープーウェイ トローリーバス
を乗り継いで行く これだけでも十分に旅行気分♪


写真はクリックすると少し大きな画像で見れます
※地図上のルートと写真番号はお~よそ
 1日目=オレンジルート       2日目=むらさきルート

tateyama_map


■ 10/6(土)
 早朝5時過ぎに扇沢Pに着いた
 大町市無料Pはほぼ満車だった
 ダメもとで駐車場内を流していたら、あるスペースに段ボール箱がおいてあった
 明らかに場所取りをしていそうだったけど
 車から降りて段ボール箱をひっくり返してキョロキョロしていたら
 周囲のおじさん達が『場所取りはちょっと反則だよね~』と助け舟
 おまけに『オーラ―イ オーライ』と駐車誘導してくれた
 おじさん達に言われるままちゃっかり車を停めてしまった
 私も図々しくなった(^^; 
 おじさん達は先週も来たらしい、山の様子を聞きながら身支度をする
 一人だと知らない人との会話も何だかとっても嬉しいなっ



Oct06_扇沢
5:50
6:30発の切符を求めて売り場はすでに大行列
この混雑じゃ東京から参加のTさんは探せないな...
と思っていたら 『Bunさ~ん』と声が!
最後尾に並んでいたのに始発の切符もどうにか買えた!
何だか今日はツイてるっ




Oct06_黒部ダム
6:55
黒部ダム駅から黒部湖駅への移動中に
「220段の階段」をのぼって展望台へ
迫力あるダムの放流を見下ろす
この後、ダム通路を歩いて横断し黒部湖駅に向かった



Oct06_01
7:50
ケーブルカーを降りると黒部平駅
ロープーウェイに乗る前に展望台へ
紅葉の中を歩く明日の下山ルートを望む



Oct06_2
8:50
寄り道と乗車ごとに待ち時間がかかったので 約2時間かかって室堂に到着
集合場所の【立山玉殿の湧水】前は観光客と登山客でいっぱいなのに
バラバラに集まった参加者が『ココだよ~』と
すぐに見つかるのは息が合っているからかも

初めて降り立つ立山 室堂平
3000m級の山々に囲まれ過ぎて 雄大さの感覚が麻痺してしまい
『余裕があったら雄山から少し先まで歩きましょうか!』
なんて言ってしまった私;
午後に恐ろしい!?体験をするとも知らず... 


iPhoneの電池が気になり、コンデジで撮影するも
コントラスト設定がダメダメで見事な紅葉を伝える事ができない;
同行の方々の素敵な写真を拝借させていただきますm(^^)m


 Yさん撮影
Oct06_Y01
浄土山への途中で
陽の光を受けて まるで蛍光色のように鮮やかに発色
写真右枠外に富山湾と薄っすらと能登半島も望めた
海が見えるとテンションの上がる海なし県人(笑)


 Yさん撮影
Oct06_Y02
木によって黄色・橙色・真紅...様々に紅葉するナナカマド


 Sさん撮影
Oct06_S01
紅葉の立山カルデラと夏のお花畑が見ものの五色が原
地元Sさんオススメのビューポイントもバッチリ見えた♪



Oct06_03
12:25
今夜泊まる【一ノ越山荘】と午後から登る【雄山】を望む



 Kさん撮影
Oct06_k01
浄土山(軍人霊碑)~浄土山(富山大学立山研究所)への稜線
360度の展望を楽しみながら のんびり歩く♪



Oct06_04
12:35
一ノ越山荘へ向かいながら 明日の下山ルートを望む
山の中腹のなだらかな登山道は
雷鳥の住処を横切って行くらしい 会えるかな...


12:55
一ノ越山荘にチェックイン
紅葉シーズンの3連休だから 一畳に3人くらいのスペースかな!?
と覚悟していたら 6畳×2部屋つづきの12畳部屋に通された
室堂から山荘までは 観光客でも1~1.5時間で歩けるルートもあるので
登山客にとってこの山荘は通過地点なのかもしれない
おかげでのんびり贅沢に過ごせそう♪


14:10
昼食を済ませ 午後の部『雄山』へ向かう!
山荘前からいきなり急坂を登るのだけど
スニーカーの観光客がかなりいるのに驚いた
浮石のガレ場は どうみてもガッツリ登山道だと思うけれど...
謎は富山県人の隊長によって暴かれた
室堂~雄山は学校登山で登る山なので慣れ親しんでいるコースだそう
(う~ん 地元人恐るべし)



 Kさん撮影
Oct06_k02
雄山からの下山時に撮られた写真なので 写真手前が山頂方面
この急坂を登る

石がゴロゴロしているガレ場を登っている時に 何度か突風に煽られた
砂塵が顔にあたったり
ツンと冷たいものが頬にあたったり(初雪だ!)

避けるものも掴まるものもない尾根で
立っているのもやっとの突風に襲われた時は
一瞬本気で『飛ばされる!』と思った
実際は腰バンドのないサブザックが背中からフワッと浮いただけだったのに;
いつも中低山の樹林帯歩きばかりなので なかなか体験できない山の怖さだった


15:10
コースタイムぎりぎりで山頂に到着
雄山神社に参拝し 色々お祈り


Oct06_05
峰本社の裏手から大汝山へ向かうルートにちょこっと歩み 剱岳を望む


誰もいなくなった山頂で集合写真を撮り下山
コースタイムでは40分で山荘に戻れるはずだったけれど...

下山途中で ある親子に会う
子供達は幼稚園~小学生の3人の男の子
一人は自力でずっと先を下山している
一人は石にズルズルと足をとられつつもどうにか頑張っている
もう一人は泣きべそ顔で親と手をつないでいるけど 足がおぼつかない

大丈夫かなと思いつつ『小さいのに頑張ってるね~』と先を越した
が、同じ年頃のお子さんのいるYさんが『一緒に下りましょう』と声をかけ
一人の手をとってあげた
気転のよさと優しさに感動しつつ
Yさんと子供の後ろから掛け声でしかサポートできない私;
手をつないで貰ったその子のスニーカーを履く足は疲れ切って
操り人形のように力なくヨレヨレズルズルと引きずられている
それでも『ここを歩いて。この石は危ないよ!』と声をかけるYさんの
アドバイスを一所懸命 実践しようとしていた

親と手をつないでいるもう一人の子も他のメンバーにサポートされ励まされ 
なんとか薄暗くなる前に全員無事に下山した



Oct06_06
17:00
早番の食事がスタート
シチュー/高野豆腐/揚げ物/キャベツ/オレンジ/ご飯(お替り自由)/お茶
前回、前々回の山小屋食が豪華だったので ちょっとさびしい献立
でもここは標高2,700mの山荘 贅沢を言ってはいけないいけない...



夕方から粉雪&小雨で 残念なことに満天の星空観測はできなかった



 Yさん撮影
Oct06_Y03
食後は部屋に戻り コーヒータイム♪
大~好きな富山銘菓の"月世界"と色々なお菓子
重い道具を担いで来たSさん&Tさんのおかげで 淹れたての珈琲をいただく
あ~ 至福の時間...

つづく
スポンサーサイト

| 山歩き(カタツムリーズ,他) | 23:15 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

楽しかったですね♪

2日間、お疲れ様でした♪

こうやって写真見てると、その時のことをリアルに思い出しますね。本当に綺麗な紅葉でした♪
しかし、突風は怖いですね!他の山でも経験してますが、とっさに体を低くしないと駄目で、飛ばされたら意味無いですからね。
普段からビールで体を重くしてます(ホントか??www)

続きの日記、楽しみにしてますね!!

| Yutaka_S | 2012/10/13 07:11 | URL | ≫ EDIT

再現フィルムのよう(^O^)

お疲れ様でした♪
一週間前の今頃は、室堂からの石畳を海を振り返りながら歩いていた頃ですね♪
Bunさんのレポは、あたかも再現フィルムを見ているかのように忠実に丁寧に書かれていますね(^O^)
ホントにあの場に立っているようです♪
紅葉、突風(怖)、初雪と中々体験出来ない盛り沢山の要素が凝縮された初日でしたね(^_^)
Bunさんの目に映った二日目も楽しみです♪

| すみれ | 2012/10/13 10:24 | URL |

Yutaka_Sさんへ

こちらこそお世話になりましたm(^^)m
晴天から雪まで...まさに『山の天気は変わりやすい』って二日間でしたね
早朝にTさんと『突風に遭遇したらザックから雨服や上着を取り出して着替えるなんてきっと無理だろうね』
と話していたのですが
まさか、その体験をするとは思いませんでした(><;
大きなザックを背負っていたら、もっと風の抵抗を受けてふらついたかもしれませんでした
私も普段からスイーツで体を重くしてます(当らずしも遠からず...トホホ)

次回の北横岳の山頂で風に立ち向かう練習しなくちゃ!ですね(笑)
(つづきは暫しお待ちを~v-356

| Bun | 2012/10/14 00:37 | URL | ≫ EDIT

すみれさんへ

いらっしゃいませ~v-365
お疲れ様でした&大変お世話になりました&ご馳走様でしたm(^^)m
あははっついつい駄文長文になってしまい(^^;
「10年に一度」と言われる紅葉もキレイでしたが
初めての立山だったので私は比較して驚くことはできませんでした
でもでも、池・温泉・紅葉・山々がジオラマのように詰まった室堂平の眺めは感動でした♪
四季折々の景色や、色んなルートを組み立てて楽しめそうで
すみれさんが何度も通われる理由がわかった気がします
(つづきは暫しお待ちを~v-356

| Bun | 2012/10/14 00:49 | URL | ≫ EDIT

私が行った一週間前はこんな感じだったのか~と思いながら読みました。

私が行った時は高いところは雪だったので、雄山は滑るからと登るのをあきらめました。

Bunさん達は登れてよかったね(^^)

| タマちゃん | 2012/10/14 11:33 | URL |

タマちゃんへ

同時期に立山を楽しんじゃいましたね〜♪
とは言っても、数日違いで山の表情は変わりますねv-276
雄山に登れてラッキーでした!

| Bun | 2012/10/14 21:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。