ごはん通信

な~んとなく撮っていた晩ごはん画像の整理ついでに始めたBlog 「元気ですよ通信」でもある・・・2007年我が家にやってきたドリとの生活も♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドリの奇跡!?

先日のつづき
実は、奇跡ではなく・・・リハビリのおかげでした
(素晴らしいオチでなくてm(^^;)m )

今回、手術を機に病院を変えた
神経科の先生によると
『肢を引きずってしまうのは、伸びきっているから
 それは筋肉が委縮してしまい、関節が曲がらないから
 なのでリハビリでかなり良くなるでしょう』

それから、手術迄の4日間 家でリハビリをした
(リハビリと言っても、肢を内側にグーッと折り曲げるストレッチ)
そして、入院中も病院でこのリハビリを続けていてくれた

複雑な麻痺なので、これで全て治るわけではないけれど
かかりつけ病院では気付かなかった事に気付き
奇跡が起こったワケではないけれど
良い先生に出会え 的確な診断と指導をして貰えてよかった~

そんなワケで、また地道にリハビリ頑張らなくては!

=====================================
病院を変えたいきさつはちょっと長くなったので
お時間のある!?時にでも ↓↓↓


■かかりつけ病院

昨年11月、ドリの両後肢が麻痺した時に
かかりつけ病院から、MRIのあるちょっと遠い救急病院を紹介された

同時に、『セカンドオピニオンを検討してもいいんですよ』
と先生は言って下さったけれど、すぐに思い当たる病院もない
市内にMRIのある大きなK病院があったけど、
急を要する時に初診からかかるのは・・・と迷い

翌日、高速を使い約1.5時間の救急病院に向かった
救急病院のスタッフの対応はよく、先生にも安心感を覚えた
数日間入院し、お世話になった

退院後はかかりつけ病院で、レーザー温熱治療と薬を処方してもらい
教えて貰ったリハビリも続け、ドリは日々快復していった
そんなドリを見て
『驚異的な快復ですね!救急病院の先生も驚くのでは』と先生に言われ
悪くはなっていない現状に、私達も満足していた

ところが、救急病院での1.5ヶ月検診では
『特に悪いところはなく、ゆるやかな回復ですね』と
先生達の見解のズレが気になり始めた。。。

※それと、実は・・・
 麻痺した時にかかりつけの先生は"椎間板ヘルニア"と診断し
 『3日間様子をみてみましょう』と言われた
 でも、週末を挟んだ3日間はどうみても病院の都合だった
 で、1日だけ様子をみたけど 居てもたってもいられなくなり
 『直ぐに救急病院行かせて下さい!』と訴え・・・
 そもそも誤診だったので、早期治療をして良かった
 その時に、違和(危機)感を覚えたら直ぐに行動を起こさなくてはと思い知った

=========================================

■新たな病院

今月、肥満細胞腫が見つかった
かかりつけ病院では手術は10日後でないと出来ないと言われた

発見時からすでに10日経ち、
腫瘍部が少し膨れてきたこともあって少しでも早く施術して欲しかった
そして、肢は専門医に診てもらいたいと思っていたので
思いきって市内のK病院で初診を受けた
(この病院は診療科ごとに先生がいて腫瘍と神経の先生方に診てもらえた)

腫瘍は5日後に手術する事になった

肢を診て下さった先生は
じっくり診察してから
 ・筋肉の量は良いので通常だったら歩けるはず
 ・内腿と太腿の筋肉が萎縮している為に、関節が曲がり難く、突っ張って伸びてしまう
 ・ほぼリハビリ(ストレッチ)で歩けるようになるでしょう
 ・水かきの真ん中は痛覚反応があるが、左右は反応無し
 ・足先がパーをしたように開いてしまうのは脊髄梗塞特有の症状
他にも多くの点を指摘し、リハビリを実演し詳しく説明してくれた

(実は、ドリの肢の神経が戻り始めてからリハビリを嫌がるようになり
 同時に散歩もかなり出来るようになったので、
 『運動できているから大丈夫』とリハビリをやらなくなっていた
 その頃通っていたかかりつけ病院でも『そうですね』と同じような事を言われた)

そこで、手術までの4日間 家でストレッチを行った
すると、翌日から明らかに違いが!!

入院中に後退してしまったり、筋肉が落ちるのが心配だったけど
ドリはびっくりするほど好調な足どりになって帰ってきた

暫くはこの病院のお世話になろう♪と思っている
スポンサーサイト

| 脊髄梗塞 | 23:11 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

そういう事だったんだね~
病院って大切だね。
私もキャンディさんの病気の時に
病院選びって大切だな~って実感したの。
今、ミルヒもお世話になってる病院に巡り会わなければ
実際より早くにキャンディさんとお別れすることになってたと思う。
動物は話ができないからこそ
より大切だと思うんだ。
ドリちゃん
いい先生に巡り会えてよかったね♪

しかし、このウン十年で
県北獣医さん事情、大きく様変わりしたんだね~
びっくりしました。




| candy-k1 | 2012/01/28 00:07 | URL | ≫ EDIT

な~るほどぉ
良い先生に巡り合えたのもBUNとトラさんの気持ちが
引き寄せたんだろうね。
今は、寒くて寒くて・・・だけど、もう少しで春だね。
ドリちゃんの回復は、春のお知らせ第一号だわv-298
また真由たちとラグビー場を駆け回りたいね。

| E子 | 2012/01/28 09:21 | URL |

やっぱり、お医者さん選びって大切ですよね
私は、アトムの事で痛感しました・・・
今は、もう別の病院にしています

こうして、いい先生に診てみらえた事と、リハビリを頑張った結果なんですね
本当に、動画のあの姿を見て嬉しく、ビックリしたんです
後は、病理検査の結果も何も無ければいいですね

早く、頑張ったドリちゃんに会って、いっぱい褒めてあげたいです
後で、今かかっている病院も教えて下さいね

| アトム&レオママ | 2012/01/28 15:30 | URL |

candy-k1さんへ

今回は大事(病)となると専門医がいいと実感しました
(触診で読み取る分析の多さ経験値が全然違うね)
もう少し早くその事に気付いていれば。。。と思うけど
まだまだこれから頑張らなくちゃ!

キャンディさんがいなくなって2年になろうとしているね
今、頑張り屋のキャンディさんに会いに行った(*^^*)
緊迫した辛い時間があったけれど
家族と先生方が信頼しあえたから最後の時を皆で見守り見送れたんだね


畑の中にあるK病院
駐車場には群馬や東京ナンバーの車も
施設と先生の多さは人間の病院みたい(^^)

| Bun | 2012/01/29 00:38 | URL | ≫ EDIT

E子さんへ

v-298ありがとう

【いきさつ】にも追記したのだけど
足が麻痺した時にかかりつけの先生は"椎間板ヘルニア"と診断して
『3日間様子をみてみましょう』と
でも、週末を挟んだ3日間はどうみても病院の都合だったから
1日だけ様子をみたけど 居てもたってもいられなくなり
『直ぐに救急病院行かせて下さい!』と訴え・・・
そもそも誤診だったので
違和(危機)感を覚えたら直ぐに行動を起こさなくちゃと思った
危なっかしく切り抜けてます(--;

補助釣り紐をつけると、ものすごい速さで駆けれるんだよ~
春のラグビー場、楽しみにしてるね♪

| Bun | 2012/01/29 00:39 | URL | ≫ EDIT

アトム&レオママへ

アトム君の話しを聞いた時に
助けを求めに来たはずの病院で・・・と悲しみと憤りを感じました
医学的に悪い状況が分かるからこそ頑張っている動物に寄り添って
最善の方法を飼い主と見つけていくのが先生の役目です
いい先生は動物も人間も救ってくれるのだと思います

別に隠すこともないので(^^;
今通っているのはアニマルクリニックこばやしです
以前から近所のワン友に話しは聞いていたのですが
『治療費が高い』という声が多く;
大きい外観も凄そうなので『へえ~(ーー)』って印象でしたが
実際行ってみたら納得でした
ただ、予防接種やフィラリア薬を貰いに行くだけだったらココでなくていいと思ってます(^^;

| Bun | 2012/01/29 00:42 | URL | ≫ EDIT

初めまして。

こんにちは。
はじめてコメントさせて頂きます。
通りすがりと言いますか・・・
「犬 脊髄梗塞」でネット検索していて、こちらにお邪魔することに。
ドリちゃん、回復しているのですね、良かった!
我が家の愛犬も昨年6月に突然下半身が麻痺して立てなくなり、自力排泄も出来ず、かかりつけの病院で救急病院を紹介して頂いて、CTとMRI検査で脊髄梗塞と診断されました。
当初、脊髄軟化症も覚悟しなければ(発症すると1週間ほどで死に至ります)という状況でしたが、3週間ほど入院してその後は自宅でリハビリ、今ではほぼ普通に生活出来ています。
ドリちゃん、絶対に大丈夫。
リハビリ頑張って下さい。
回復祈ってます。

長々と失礼しました。

| チャコ姉 | 2012/01/29 13:23 | URL | ≫ EDIT

チャコ姉さんへ

いらっしゃいませ&初めましてm(^^)m
奇遇にも"脊髄梗塞"ってキーワードで繋がっちゃいましたね(^^;
チャコちゃんの様子をBlogで見せて頂きました
脊髄軟化症の発症の不安は怖かったですよねv-393
発症時の様子はドリよりも重症のようですが、退院までにかなり快復してますねv-353
排尿&排便の介助や汚れの掃除は同じ経験です
チャコちゃんより10kgも軽いドリなのに、介助で腰を痛めましたe-330
今は歩けて走れるなんて素晴らしい~v-424

半年が回復のメドだったのですねv-404
ドリはそろそろ3ヶ月・・・新しい病院に巡り会えてよかった~
あらためてリハビリ頑張りますv-91
応援コメントありがとうございましたm(^^)m

| Bun | 2012/01/29 23:17 | URL | ≫ EDIT

なるほど…

こういう経緯があったんだぁー
信頼できうる先生がみつかって良かったねv-392v-352

セカンドオピニオンは人もだけど物言えぬv-286にこそ必要だと思う
ご近所の柴さんも別の病院で“椎間板ヘルニア”と診断されたんだけど
ステロイドを1週間投与、様子見でその後2週間分処方されたと聞き違和感を感じた。
色々調べた結果、そうそう“椎間板ヘルニア”の子はいないそうで
誤診が多いらしい。我が家のかかりつけのA病院に行くよう言ったら
やはり・・・誤診v-405
16才と高齢の柴さんだけど完治してるよ
その柴さんは別の病院ではデキモノをガンと診断され、手術の予定も経ってたけど
A病院でセカンドオピニオンしたら・・・ガンではなかった。

我が家も予防接種&フィラリア薬は別の病院(安いからi-235)だけど
健康診断や病気はA病院と使い分けしてるよ。

| ユキ&凛のママ | 2012/01/30 00:12 | URL | ≫ EDIT

ユキ&凛のママへ

病院変えてよかったよ~v-406
そっそれにしても、柴さんも病院に振り回されちゃったね(><)
16歳でワケのわからない手術されちゃひどすぎる
A病院に行けてセーフだったね~
「セカンドオピニオン」は人間だけの事ではないんだな~と実感ですe-330

ママは前から病院を上手く使い分けていたよね!
ドリもこれからは賢く病院と付き合います

| Bun | 2012/01/30 23:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。