ごはん通信

な~んとなく撮っていた晩ごはん画像の整理ついでに始めたBlog 「元気ですよ通信」でもある・・・2007年我が家にやってきたドリとの生活も♪

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1月前半のごはん

明日から3月か~ぁ 早いな~ぁ
と言うことで 貯まった"ごはん"をUP!

■1/7(月)
Jan07_厚揚げの玉子とじ
厚揚げの玉子炒め(長ねぎ・しめじ)
TOPVALUのキーマカレー/サラダ

本来だったら「七草粥」だけれど
イオンで見つけた「ヘルシーアイ」ブランドを食べてみた
80kcalとは思えない食べごたえでなかなか美味しかった


■1/9(水)
Jan09_サバの味噌煮
サバの味噌煮
舞茸と厚揚げのバター炒め/きんぴらごぼう/サラダ/わかめスープ/ご飯



■1/10(木)
Jan10_ナポリタンスパゲティ
ナポリタン(ウインナー・玉葱・人参・しめじ)
レンジでチンする唐揚げ/サラダ(ブロッコリー・かぼちゃ・キャベツ・人参)/コーンスープ

TVで見た「喫茶店メニュー」のリクエストがあたので作ってみた
基本、味付けはケチャップだなと思っていたけれど
玉葱の半分は飴色に炒め、黒胡椒を多めに入れた
うんうん懐かしくて美味しいぞっ


■1/11(金)
Jan11_味噌煮込みうどん
味噌煮込みうどん(鶏肉・さつま揚げ・玉子・人参・長葱)
ブロッコリーとかぼちゃのマヨネーズ和え)/お豆腐サラダ/おやき(いろは堂)



■1/15(火)
Jan15_山かけ
まぐろの山かけ
八つ頭・カボチャの素焼き・椎茸のバターソテー/コーンスープ/ご飯/焼きリンゴ



■1/16(水)
Jan16_うな丼
鰻丼
玉葱とシメジのバジル炒め・大学芋・トマト・サラダ
スポンサーサイト

| ●ごはん | 22:40 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の北横岳 (1泊2日) (山+α)

雨飾さんをはじめ 昨年の顔ぶれが7名
十数年ぶりの再会にお互い『ええっと~!?』な方1名(^^;
十数年ぶりなのに私のスケッチのことを覚えていてくださった方1名
新しい方1名 の総勢11名

コースは昨年とほぼ同じなので地図は省略
(のんびり歩きだから時間はメモ程度)

■1日目 (2/10(日))
北八ヶ岳ロープウエイで一気に2200m超えの世界へ

12:15
昨年の写真を使い回しているんじゃないか!?
って言うくらい 今年も素晴らしい『北横ブルー』
Feb10_1

昨年よりも少し雪が多い気がしたけれど
『アイゼンは着けずに歩こう』とTさんとZさんが話していたので
真似してアイゼンを着けずに歩いてみた
道具に頼らず…などとちょっと自分に課題の気持ちで


12:30
坪庭が雪でやわらかい表情をしている
ゴツゴツとした岩がこの下にあるハズなのだけれど
無雪期に来たことないから。。。
Feb10_2


12:50
坪庭を抜けて樹林帯の登り
Feb10_3

ロープウエイ駐車場が混んでいたのは
スキーヤーやボーダーだけではなかった
登りも下りも登山者が多い
視界から人が消える瞬間がないくらい

団体さんの通過を待ったり、待って貰ったり
だから、各自がコースを知っている私達のグループが
自然に2~3人づつバラけていったのは好都合だった

途中、ある団体のリーダーさんに
『アイゼンもつけてないのかい』と言われた
装備不足と思ったのかな!?
でも、軽アイゼン無くても普通に歩けた


13:25
こんもりとした樹氷の先に北横岳ヒュッテが見えてきた
まるで、おとぎの国のお菓子の家のよう
Feb10_4

一年ぶりに山小屋の方々に挨拶し、遅めのお昼
おやき風のパンをたーちゃんのホットサンド器で焼いて貰ったら香ばしくて満点!
ついでに食後のコーヒーも淹れてもらい くつろぎの一時

15:45
七ツ池を散策
樹林帯は新雪や吹き溜まりでスノーシューを履いていないとズボッボソッと壺足になりそうだけど
風通しのよい池は 雪の表面が薄い氷状になっていてサクッボソッ
Feb10_5

ここで、本日の課題『コンパスを使ってみよう』
講師は山岳会に所属のTさんとZさん
磁北線のない私のコンパスだと出来ないことがあったので
ちゃんとしたコンパスをお借りして 目的地に向かう方法を教えて貰った
教わった通りやったのだから 当り前だけど
ちゃんと目的地に ↑ が向いた時は嬉しかった!
最近はスマホの地図アプリで位置確認をしているけれど
極寒ではすぐに電池がきれたり… やはり基本はアナログでないと


16:40
夕景を見に北横岳に向かう途中
あと十メートルほど登ると頂上への吹きさらしに出るので
手前でちょっと足を止める
(撮影しているのはよその人だと思うけれど、完全防備で顔がわからな~い)
Feb10_6


16:55
また来ましたよ! 頂上で山の神様に手をあわせる
Feb10_7

撮影隊は夕景をどっぷりカメラに収めているけれど
私は心に収め はい、下山
両手両足が寒さでジンジンと痛い
どれほど寒いかはこちらの動画で想像してください
※風音がうるさいので要注意!
VPS
[広告]
カメラ(コンデジ)をしっかり持っていたつもりなのに、風に煽られてる~

頂上からわずか10分程で あったか~い山小屋が待っていてくれる幸せ
夕食は名物の"鍋" (写真撮り忘れてモグモグ)
その後は消灯時間ギリギリまで皆さんと団欒。。。(時間が足りな〜い)
=====================================

■2日目 (2/11(月・祝))
6:30 朝食をいただき 恒例の記念撮影
8:40 Tさん&Zさんと一緒に昨年と同じ縞枯山に向かう

8:50
樹林帯を下る
あいにく深夜から崩れ出した天候で
坪庭はガスっているし縞枯山は雲の中
Feb11_1
墨絵のような雪景色

樹林帯の静寂がウソのような 横風に煽られながら坪庭を横断する
カメラを出す余裕なんてない


9:35
小屋を出発して小一時間で縞枯山荘に着く
目指す縞枯山の空が所々薄明るくなっている
頂上への登山道は樹林帯の中なので風を受けることもないだろう
『とりあえず登ってみよう!』


9:45-10:00
登山口を少し登った所で休憩がてら軽アイゼンを着けた
登山者も増えてきた
団体・小グループ、皆スノーシューを履いている


10:35
山頂についた!と思ったら頂上(道標)は北に20m程離れていた
どうやら、間違ったトレースを登ってしまった
後で縞枯山荘のご主人が
『スノーシューでどこでも歩けるから、多い時は頂上まで5本くらいトレースが出来てしまう』
と言っていた
後で確認したら、トレースの分岐を間違えてしまった地点は
休憩しながらGPSマップを見ていた地点だった
頼りない使い手だ〜 >_<


風を避けるよう休憩していたら
雲の流れもはやくなり 時折 陽射しが!
見晴台へ移動する


11:30-11:40
強風の見晴台で凍えながらも 広大な景色を眺める
す~っと目の前のガスが動き すぐ近くの茶臼岳が
いくつもの重なっていた雲が動くと 麓や八ヶ岳が見渡せた
山よりも有機的な雲が印象的だった
Feb11


12:10
本来のルートより下山開始
Feb11_2


12:35
縞枯山荘が見えてきた
樹の影でアイゼンをはずす
Feb11_3


13:00
縞枯山荘のストーブを囲む席で"山菜うどん(800円)"を
Tさんは持ってきた昼食の後に"ぜんざい(800円)"を
小屋のご主人と話しながらいただく
あ~ あたたかい食事のできる幸せ
Feb11_4
よく見たら 実家で使っている薪ストーブのひとつと同じだった


13:25
お昼ごはんを食べている間に。。。この空!!
Feb11_5


13:45
最後の雪景色を楽しみながら のんびりロープウエイ駅に到着し、下山

★参加の皆さん:色々とお世話になりましたm(^^)m

===================================
余談:
先日『狩人と犬、最後の旅』を観た
-40~50℃の世界までとはいかないけれど
雪山から下山した後だったので 画面から厳しい寒さが伝わってくるようだった
自然と共に生きる思想も それを追う撮影隊もすごい!
到底真似することの出来ない生活だけれど
いくつかの事で繋がっている想いを持て、嬉しくなった

| 山歩き(カタツムリーズ,他) | 23:59 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。